PyInstallerのオプション”–onefile”の使い方

PyInstallerにはさまざまなオプションがありますが、その中でも使う機会が多いオプションの1つが--onefile

この記事では、Pythonのプログラムを単一の実行可能ファイルに変換するための--onefileオプションについて解説します。

目次から探す

“–onefile”オプションとは

--onefileオプションは、pyinstallerというPythonのパッケージを使って、Pythonスクリプトを単一の実行可能ファイルに変換するためのオプションです。

通常、Pythonスクリプトは複数のファイルで構成されており、実行するためにはPythonのインタプリタが必要ですが、--onefileオプションを使うことで、Pythonのインタプリタとスクリプトが1つの実行可能ファイルに結合されます。

“–onefile”オプションのメリット

--onefileオプションを使用すると、以下のようなメリットがあります。

  • 配布が容易: 実行可能ファイル1つだけでプログラムを実行できるため、他のユーザーにプログラムを配布する際に便利です。
  • インストール不要: Pythonのインタプリタをインストールする必要がないため、ユーザーがPythonを事前にインストールする手間が省けます。
  • ファイルの保護: スクリプトのソースコードが公開される心配がなくなります。

“–onefile”オプションのデメリット

--onefileオプションを使用する際には、以下のようなデメリットも考慮する必要があります。

  • ファイルサイズの増加: 実行可能ファイルにPythonのインタプリタとスクリプトが結合されるため、ファイルサイズが大きくなる場合があります。
  • パフォーマンスの低下: 実行可能ファイル内にPythonのインタプリタが含まれるため、実行速度が若干低下する可能性があります。
  • 依存関係の管理: スクリプトが依存している外部ライブラリやモジュールの管理が難しくなる場合があります。

以上が、--onefileオプションの概要とそのメリット、デメリットです。

“–onefile”オプションの使い方

pyinstallerの--onefileオプションは、Pythonスクリプトを単一の実行可能ファイルに変換するためのオプションです。

このオプションを使用することで、Pythonプログラムを他の環境に依存せずに実行することができます。

使用方法は非常に簡単で、PyInstallerを使用する際に--onefileを追加するだけです。

pyinstaller --onefile your_script.py

上記のコマンドを実行すると、指定したPythonスクリプト(your_script.py)が実行可能ファイルに変換されます。

変換された実行可能ファイルは、単一のファイルとして配布や実行が可能です。

--onefileオプションを使用すると、Pythonスクリプトに必要な依存関係も自動的に含まれまるので、Python実行環境がないデバイスでも実行できるようになります。、ファイルサイズが削減されます。

以上が、--onefileオプションの使い方です。

“–onefile”オプションの注意点

Pythonのプログラムを--onefileオプションを使用して実行可能ファイルに変換する際には、いくつかの注意点があります。

以下にそれぞれの注意点について詳しく説明します。

ファイルサイズの増加

--onefileオプションを使用すると、実行可能ファイルのサイズが通常の実行ファイルよりも大きくなることがあります。

これは、実行に必要なPythonのランタイムや依存ライブラリなどがすべて1つのファイルに結合されるためです。

基本的にはPython開発環境にインストールされているモジュールが全て同梱されるので、インストール済みのモジュールが多ければ多いほどファイルサイズが増加します。

そのため、プログラム自体が小さくても、実行可能ファイルのサイズが大きくなることがあります。

パフォーマンスの低下

--onefileオプションを使用すると、実行可能ファイルの起動時間が通常の実行ファイルよりも長くなることがあります。

これは、実行可能ファイルが起動する際に、結合されたファイルを一時的に展開する必要があるためです。

そのため、起動時間が長くなることがあります。

ですが、--onefileの影響で処理時間が長くなるのは起動時のファイル展開時のみなので、実行中のパフォーマンスが--onefileが原因で悪化することはありません。

依存関係の管理

--onefileオプションを使用すると、実行可能ファイルにすべての依存関係が含まれるため、依存関係の管理が煩雑になることがあります。

例えば、プログラムが使用する外部ライブラリが更新された場合、実行可能ファイル全体を再ビルドする必要があります。

--onefileを使わずモジュールが独立している状態で公開した場合は、モジュールを更新するだけで最新の状態にできます。

また、異なるプラットフォームで実行可能ファイルを使用する場合には、プラットフォームごとにビルドする必要があります。

以上が、--onefileオプションを使用する際の注意点です。

これらの注意点を理解し、適切に使用することで、Pythonのプログラムを実行可能ファイルに変換することができます。

目次から探す