【C言語】void型ポインタの使い方を解説

この記事では、C言語におけるvoid型ポインタの使い方について解説します。

目次から探す

void型ポインタとは

C言語において、void型ポインタは特殊なポインタの一種です。

void型ポインタは、どのデータ型のポインタでも受け取ることができる汎用的なポインタです。

具体的なデータ型を指定せずに、メモリ上のアドレスを保持することができます。

void型ポインタの概要

void型ポインタは、他のデータ型のポインタをvoid型ポインタにキャストすることができます。

これにより、異なるデータ型のポインタを同じvoid型ポインタに格納することができます。

ただし、void型ポインタはそのままでは間接参照することができないため、キャストを行って元のデータ型に戻す必要があります。

void型ポインタの特徴

void型ポインタの特徴は以下の通りです。

  • どのデータ型のポインタでも受け取ることができる
  • 間接参照するためにはキャストが必要
  • メモリ上のアドレスを保持するだけで、具体的なデータ型に関する情報は持たない

void型ポインタは、特定のデータ型に依存しない汎用的なポインタとして利用されます。

次のセクションでは、void型ポインタの宣言と初期化方法について説明します。

void型ポインタは、ポインタの型の不一致によるエラーやメモリの解放の注意点など、いくつかの注意点があります。

void型ポインタの宣言と初期化

void型ポインタの宣言方法

void型ポインタは、任意のデータ型のポインタを格納することができる特殊なポインタです。

void型ポインタを宣言するには、以下のように記述します。

void *ptr;

上記の例では、ptrという名前のvoid型ポインタを宣言しています。

このポインタは、どのデータ型のポインタでも格納することができます。

void型ポインタの初期化方法

void型ポインタを初期化するには、他のポインタと同様に、初期化するデータ型のポインタを代入することができます。

以下に例を示します。

int num = 10;
void *ptr = #

上記の例では、numというint型の変数を宣言し、そのアドレスをvoid型ポインタptrに代入しています。

このようにすることで、void型ポインタptrint型のデータを指すことができます。

なお、void型ポインタは単体では値を持たず、他のポインタのアドレスを格納する役割を持ちます。

そのため、void型ポインタを直接参照することはできません。

1 2 3

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す