【C言語】変数にstaticをつけるとどうなるのか解説

この記事では、C言語におけるstatic変数の概要や特徴、利点、注意点、使用例、そしてグローバル変数との比較について解説します。

目次から探す

static変数とは

プログラミングにおいて、変数には様々な種類があります。

その中でも、static変数は特殊な性質を持つ変数です。

static変数の概要

static変数は、プログラムの実行中に一度だけ初期化され、その後も値が保持される変数です。

通常の変数とは異なり、関数内やブロック内で宣言されることはありません。

また、static変数はグローバル変数としても宣言することができます。

static変数の特徴

static変数の特徴は以下の通りです。

永続性

static変数は、初期化された後も値が保持され続けます。

関数内で宣言された場合でも、その関数が終了しても値は維持されます。

スコープの制限

static変数は、宣言されたブロック内でのみ有効です。

関数内で宣言された場合は、その関数内でのみ使用することができます。

グローバル変数として宣言された場合は、そのファイル内でのみ使用することができます。

static変数は、これらの特徴を活用することで、プログラムの構造やデータの管理に役立ちます。

次のセクションでは、static変数の利点について詳しく見ていきましょう。

static変数は、関数内で宣言された場合とグローバル変数として宣言された場合で挙動が異なることに注意してください。

static変数の利点

C言語におけるstatic変数は、通常の変数とは異なる特徴を持っています。

変数の永続性

static変数は、関数内で宣言された場合でも、その関数が終了しても値が保持されます。

つまり、関数が呼び出されるたびに初期化されるのではなく、一度初期化された値が保持され続けるという特徴があります。

これは、関数内での一時的なデータの保持や、関数間でのデータの共有に便利です。

例えば、ある関数内でカウンタの値を保持したい場合、static変数を使用することで、関数が呼び出されるたびにカウンタが初期化されることなく、値を保持することができます。

変数のスコープの制限

通常の変数は、その宣言されたブロック内でのみ有効です。

しかし、static変数は、その宣言された関数内でのみ有効となります。

つまり、関数外からはアクセスすることができません。

この特徴は、変数のスコープを制限するため、プログラムの可読性や保守性を向上させることができます。

関数内でのみ使用される変数をstatic変数として宣言することで、変数の名前が他の関数やグローバル変数と衝突することを防ぐことができます。

static変数は、関数内でのみ使用される変数を永続的に保持するための仕組みです。

関数外からはアクセスできないため、変数のスコープを制限することができます。

1 2 3

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す