【C言語】符号なしから符号ありに型キャストできる?できない?

この記事では、C言語において符号なしの整数型から符号ありの整数型への型キャストが可能であることを初心者向けに解説します。

目次から探す

符号なしから符号ありへの型キャスト

C言語では、符号なしの整数型から符号ありの整数型への型キャストが可能です。

キャストする際の注意点

符号なしから符号ありへの型キャストを行う際には、いくつかの注意点があります。

以下にそれぞれの注意点を説明します。

  1. データの範囲に注意する

符号なしの整数型は、0以上の値を表現することができますが、符号ありの整数型は負の値も表現できます。

キャストする際には、データの範囲に注意してください。

範囲外の値をキャストすると、予期しない結果が生じる可能性があります。

  1. オーバーフローに注意する

符号なしの整数型から符号ありの整数型へのキャストでは、オーバーフローが発生する可能性があります。

オーバーフローが発生すると、結果が正しくなくなることがあります。

キャストする際には、オーバーフローに注意してください。

  1. ビットの表現に注意する

符号なしの整数型と符号ありの整数型では、ビットの表現が異なる場合があります。

キャストする際には、ビットの表現に注意してください。

ビットの表現が異なる場合、キャスト結果が予期しない値になることがあります。

以上が、符号なしから符号ありへの型キャストを行う際の注意点です。

これらの注意点を踏まえて、適切な型キャストを行うことが重要です。

目次から探す