【C言語】入力した行列を画面に表示する

目次から探す

行列の表示方法

行列を表示する方法にはいくつかの種類があります。

ここでは、一般的な行列の表示方法、転置行列の表示方法、そして逆行列の表示方法について解説します。

一般的な行列の表示

一般的な行列の表示方法は、行と列の要素を順番に表示する方法です。

以下に、3×3の行列の表示方法の例を示します。

#include <stdio.h>
int main() {
    int matrix[3][3] = {{1, 2, 3}, {4, 5, 6}, {7, 8, 9}};
    printf("行列の表示:\n");
    for (int i = 0; i < 3; i++) {
        for (int j = 0; j < 3; j++) {
            printf("%d ", matrix[i][j]);
        }
        printf("\n");
    }
    return 0;
}

上記のコードでは、3×3の行列を2次元配列で表現し、2重のループを使用して行列の要素を表示しています。

出力結果は以下の通りです。

行列の表示:
1 2 3
4 5 6
7 8 9

転置行列の表示

転置行列とは、行列の行と列を入れ替えた行列のことです。

転置行列の表示方法も一般的な行列の表示方法と同様ですが、行と列のインデックスを逆にすることで転置行列を表示します。

以下に、3×3の行列の転置行列の表示方法の例を示します。

#include <stdio.h>
int main() {
    int matrix[3][3] = {{1, 2, 3}, {4, 5, 6}, {7, 8, 9}};
    printf("転置行列の表示:\n");
    for (int i = 0; i < 3; i++) {
        for (int j = 0; j < 3; j++) {
            printf("%d ", matrix[j][i]);
        }
        printf("\n");
    }
    return 0;
}

上記のコードでは、元の行列と同じ要素を持つ3×3の行列を定義し、行と列のインデックスを逆にして要素を表示しています。

出力結果は以下の通りです。

転置行列の表示:
1 4 7
2 5 8
3 6 9

逆行列の表示

逆行列とは、与えられた行列の逆数を持つ行列のことです。

逆行列の表示方法は、行列の要素を計算して求める必要があります。

C言語には逆行列を計算するための組み込み関数はありませんが、行列の逆行列を求めるアルゴリズムを実装することで逆行列を表示することができます。

逆行列の計算方法については、別の記事で詳しく解説します。

※逆行列の計算方法については、別の記事で詳しく解説します。

以上が、一般的な行列の表示方法、転置行列の表示方法、逆行列の表示方法についての解説です。

行列の表示方法は、プログラミングにおいて非常に重要な要素ですので、しっかりと理解しておきましょう。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す