【C言語】既存のファイルに追記する方法を解説

この記事では、C言語で既存のファイルにデータを追記する方法について解説します。

追記モードの使い方やファイルへの書き込み方法を学ぶことで、プログラミング初心者でも簡単にファイルにデータを追加することができます。

目次から探す

既存のファイルに追記する方法

C言語では、追記モードを使用してファイルにデータを追加することができます。

追記モードとは

追記モードは、ファイルを開いた際に既存のデータの末尾に新しいデータを追加するモードです。

通常の書き込みモードでは、ファイルを開くと既存のデータは上書きされてしまいますが、追記モードでは既存のデータを保持したまま新しいデータを追加することができます。

追記モードでのファイルのオープン

追記モードでファイルを開くには、fopen関数を使用します。

以下のように、ファイル名とモードを指定してfopen関数を呼び出します。


FILE *fp;
fp = fopen("ファイル名", "a");

上記の例では、aというモードを指定しています。

このモードは、追記モードを表します。

もしファイルが存在しない場合は、新しいファイルが作成されます。

ファイルへの書き込み

追記モードでファイルを開いた後は、fprintf関数fputc関数を使用してファイルにデータを書き込むことができます。

以下の例では、fprintf関数を使用して文字列をファイルに書き込んでいます。


FILE *fp;
fp = fopen("ファイル名", "a");
if (fp == NULL) {
    printf("ファイルを開けませんでした。\n");
    return 1;
}
fprintf(fp, "追記するデータ\n");
fclose(fp);

上記の例では、fprintf関数を使用してファイルに文字列追記するデータを書き込んでいます。

fprintf関数は、指定したファイルに書式化されたデータを書き込むための関数です。

ファイルのクローズ

ファイルへの書き込みが終わったら、必ずファイルをクローズする必要があります。

ファイルをクローズすることで、ファイルへのアクセスが終了し、他のプログラムやプロセスがファイルにアクセスできるようになります。

ファイルをクローズするには、fclose関数を使用します。

以下のように、fclose関数を呼び出してファイルをクローズします。


fclose(fp);

上記の例では、fpというファイルポインタを使用してファイルをクローズしています。

以上が、C言語で既存のファイルに追記する方法の基本的な説明です。

追記モードを使用してファイルにデータを追加することで、既存のデータを保持しながら新しいデータを追加することができます。

ファイルのオープン、書き込み、クローズの手順を正しく実行することで、安全にファイルにデータを追記することができます。

目次から探す