MENU

【C言語】double型の範囲

目次から探す

double型の範囲

C言語において、double型は浮動小数点数を表すために使用されます。

double型は倍精度浮動小数点数を表し、より広い範囲の数値を扱うことができます。

この記事では、double型の範囲について解説します。

double型の最小値

double型の最小値は、プログラム中で表現可能な最も小さい値を示します。

C言語では、DBL_MINという定数を使用してdouble型の最小値を取得することができます。

以下に、サンプルコードを示します。

#include <stdio.h>
#include <float.h>
int main() {
    double min_value = DBL_MIN;
    printf("double型の最小値: %e\n", min_value);
    return 0;
}

上記のコードを実行すると、double型の最小値が表示されます。

なお、%eは指数表記で値を表示するためのフォーマット指定子です。

double型の最大値

double型の最大値は、プログラム中で表現可能な最も大きい値を示します。

C言語では、DBL_MAXという定数を使用してdouble型の最大値を取得することができます。

以下に、サンプルコードを示します。

#include <stdio.h>
#include <float.h>
int main() {
    double max_value = DBL_MAX;
    printf("double型の最大値: %e\n", max_value);
    return 0;
}

上記のコードを実行すると、double型の最大値が表示されます。

double型は倍精度浮動小数点数を表現するため、非常に広い範囲の数値を扱うことができます。

しかし、精度には限界があり、一部の小数点以下の桁数は正確に表現できない場合があります。

double型の最小値と最大値を正確に把握し、プログラム中で適切に利用することが重要です。

目次から探す