【Python】タプルの要素をソート(昇順/降順)する方法を解説

この記事では、Pythonのsorted()関数を使ってタプルの要素を昇順と降順でソートする方法を解説します。

sorted()関数の基本的な使い方や具体的なコード例、戻り値としてソートされた新しいタプルを取得する方法について説明します。

初心者の方でもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次から探す

sorted()関数を使った昇順ソート

Pythonの組み込み関数であるsorted()関数を使うことで、タプルの要素を昇順にソートすることができます。

sorted()関数は、引数としてソートしたいタプルを受け取り、新しいソート済みのリストを返します。

元のタプルは変更されず、ソートされたリストが返されるため、元のタプルの順序は変わりません。

以下に、sorted()関数を使った昇順ソートの例を示します。

# タプルの要素を昇順にソートする
my_tuple = (3, 1, 4, 2, 5)
sorted_list = sorted(my_tuple)
print(sorted_list)

上記のコードでは、(3, 1, 4, 2, 5)というタプルをsorted()関数に渡しています。

sorted()関数は、タプルの要素を昇順にソートした結果をリストとして返します。

その結果をsorted_listという変数に代入し、print()関数で表示しています。

実行結果は以下のようになります。

[1, 2, 3, 4, 5]

タプルの要素が昇順にソートされ、リストとして表示されています。

sorted()関数を使った降順ソート

sorted()関数を使ってタプルの要素を降順にソートするには、sorted()関数reverse引数にTrueを指定します。

以下に、sorted()関数を使った降順ソートの例を示します。

# タプルの要素を降順にソートする
my_tuple = (3, 1, 4, 2, 5)
sorted_list = sorted(my_tuple, reverse=True)
print(sorted_list)

上記のコードでは、(3, 1, 4, 2, 5)というタプルをsorted()関数に渡しています。

reverse=Trueとすることで、要素を降順にソートするよう指定しています。

その結果をsorted_listという変数に代入し、print()関数で表示しています。

実行結果は以下のようになります。

[5, 4, 3, 2, 1]

タプルの要素が降順にソートされ、リストとして表示されています。

以上が、sorted()関数を使ったタプルの要素の昇順ソートと降順ソートの方法です。

目次から探す