【Python】InterruptedErrorとは?発生原因や対処法・回避方法を解説

目次から探す

InterruptedErrorの回避方法

InterruptedErrorは、プログラムの実行中に割り込みが発生した場合に発生するエラーです。

このエラーを回避するためには、以下の方法があります。

シグナルのブロック

シグナルは、プログラムに対して外部からの通知や割り込みを行うための仕組みです。

シグナルをブロックすることで、割り込みが発生しないようにすることができます。

import signal
# シグナルをブロックする
signal.signal(signal.SIGINT, signal.SIG_IGN)

上記の例では、SIGINTというシグナルをブロックしています。

これにより、キーボードからの割り込みによるInterruptedErrorを回避することができます。

プロセスの排他制御

複数のプロセスが同時に実行される場合、競合状態が発生し、InterruptedErrorが発生する可能性があります。

プロセスの排他制御を行うことで、競合状態を回避することができます。

import multiprocessing
# プロセスの排他制御を行うロックオブジェクトを作成する
lock = multiprocessing.Lock()
# ロックを取得する
lock.acquire()
# ロックを解放する
lock.release()

上記の例では、multiprocessing.Lock()を使用してプロセスの排他制御を行っています。

lock.acquire()でロックを取得し、lock.release()でロックを解放します。

スレッドの排他制御

複数のスレッドが同時に実行される場合も、競合状態が発生し、InterruptedErrorが発生する可能性があります。

スレッドの排他制御を行うことで、競合状態を回避することができます。

import threading
# スレッドの排他制御を行うロックオブジェクトを作成する
lock = threading.Lock()
# ロックを取得する
lock.acquire()
# ロックを解放する
lock.release()

上記の例では、threading.Lock()を使用してスレッドの排他制御を行っています。

lock.acquire()でロックを取得し、lock.release()でロックを解放します。

これらの方法を使用することで、InterruptedErrorを回避し、プログラムの安定した実行を実現することができます。

シグナルのブロックや排他制御は、必要な場面で適切に使用することが重要です。

過剰なブロックや排他制御は、プログラムの動作に悪影響を与える可能性があるため注意が必要です。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す