【Python】exceptionとは?発生原因や対処法・回避方法を解説

この記事では、Pythonにおけるexception(例外)について、exceptionの定義や発生原因、さらには対処法や回避方法についてわかりやすく説明します。

初心者の方でも理解しやすいように、具体的なサンプルコードと実行結果の例も含めて解説します。

目次から探す

exceptionとは?

プログラミングにおいて、exception(例外)は予期しないエラーや異常な状況が発生した際に発生する特殊なイベントです。

通常のプログラムの流れを中断し、エラーの原因や詳細を示すメッセージを表示します。

exceptionはプログラムの安全性や信頼性を高めるために重要な役割を果たしています。

例えば、ユーザーからの入力が予期しない形式であった場合や、ファイルが存在しない場合など、プログラムが正常に処理できない状況が発生した場合にexceptionが発生します。

Pythonでは、exceptionは特定のエラーの種類に対応するクラスとして定義されており、例外が発生すると該当するクラスのインスタンスが生成されます。

このインスタンスにはエラーメッセージやエラーの詳細情報が含まれており、プログラムがこれをキャッチして適切な処理を行うことができます。

exceptionの発生原因

exceptionは、プログラムの実行中に予期しないエラーが発生した場合に発生します。

exceptionの発生原因は大きく2つに分けられます。

プログラムのバグ

プログラムのバグが原因でexceptionが発生することがあります。

例えば、変数の未定義や範囲外のアクセス、0除算などが原因となります。

これらのバグがあると、プログラムが正常に動作せず、exceptionが発生する可能性があります。

外部要因

プログラムの実行中に外部からの要因が原因でexceptionが発生することもあります。

例えば、ネットワークの接続エラーやファイルの読み込みエラーなどが挙げられます。

これらの外部要因が発生すると、プログラムが予期しない状態になり、exceptionが発生する可能性があります。

exceptionの発生原因を理解することは、プログラムの安定性を高めるために重要です。

バグの修正や外部要因への対策を行うことで、exceptionの発生を減らすことができます。

exceptionの種類

Pythonでは、さまざまな種類のexceptionが用意されています。

これらのexceptionは、プログラムの実行中に発生する可能性のあるエラーや例外的な状況を表現するために使用されます。

exceptionの種類についての詳細は別の記事を参考にしてください。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す