【Python】別ディレクトリのモジュールをimportする

この記事では、Pythonで別のディレクトリにあるモジュールをimportする方法について解説します。

モジュールのimport方法を理解することで、他のディレクトリにあるモジュールを簡単に利用することができるようになります。

初心者の方にもわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

目次から探す

モジュールのimport方法

Pythonでは、他のモジュールの機能を利用するために、import文を使用します。

モジュールのimport方法には、同じディレクトリにあるモジュールのimportと、別のディレクトリにあるモジュールのimportの2つがあります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

同じディレクトリにあるモジュールのimport

同じディレクトリにあるモジュールをimportするには、import文を使用します。

例えば、module.pyという名前のモジュールを同じディレクトリに作成し、それをimportする場合は、以下のように記述します。

import module

このようにすることで、moduleという名前のモジュールを利用することができます。

モジュール内の関数や変数には、module.関数名やmodule.変数名のようにしてアクセスします。

別のディレクトリにあるモジュールのimport

別のディレクトリにあるモジュールをimportする場合は、sysモジュールを使用して、モジュールの検索パスに別のディレクトリを追加する必要があります。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. sysモジュールをimportします。
import sys
  1. sys.pathリストに、別のディレクトリのパスを追加します。
sys.path.append('/path/to/directory')
  1. 追加したパスを含むモジュールをimportします。
import module

これで、別のディレクトリにあるモジュールを利用することができます。

注意点:別のディレクトリにあるモジュールをimportする際には、パスの指定に注意が必要です。

正しいパスを指定しないと、モジュールが見つからないエラーが発生しますので、パスの指定には十分に注意してください。

以上が、Pythonで別ディレクトリのモジュールをimportする方法です。

モジュールのimportは、他のモジュールの機能を利用するために非常に重要な機能ですので、しっかりと理解しておきましょう。

目次から探す