【Python】別ファイルをimportして関数を呼び出す方法

この記事では、Pythonで別ファイルに関数を定義し、他のプログラムから呼び出す方法について解説します。

モジュールの作成方法やimport方法、関数の呼び出し方などを具体的な例とともに紹介します。

Pythonのモジュールを使うことで、プログラムの再利用性や保守性を高めることができます。

初心者の方でもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次から探す

Pythonでのモジュールとは

Pythonでは、モジュールとは関数や変数、クラスなどをまとめたファイルのことを指します。

モジュールを使用することで、同じ機能を複数のプログラムで共有したり、プログラムをより簡潔に保ったりすることができます。

モジュールの作成方法

別ファイルに関数を定義する

モジュールを作成するには、まず別のファイルに関数を定義します。

例えば、my_module.pyという名前のファイルに、以下のような関数を定義します。

def greet(name):
    print("Hello, " + name + "!")

モジュールとして保存する

関数を定義したファイルをモジュールとして保存するには、拡張子が.pyであることを確認し、任意の場所に保存します。

他のプログラムからこのモジュールを使用するためには、保存した場所を指定する必要があります。

モジュールのimport方法

モジュール全体をimportする

モジュール全体をimportするには、以下のようにimport文を使用します。

import my_module

特定の関数だけをimportする

モジュール内の特定の関数だけをimportするには、以下のようにfrom文を使用します。

from my_module import greet

別名をつけてimportする

モジュールをimportする際に、別名をつけることもできます。

別名をつけることで、モジュール名が長い場合や、名前の衝突を避けるために便利です。

import my_module as mm

モジュールの関数を呼び出す方法

モジュール名を指定して呼び出す

モジュール内の関数を呼び出すには、モジュール名と関数名をドットでつなげて指定します。

my_module.greet("Alice")

別名を指定して呼び出す

別名をつけてimportした場合は、別名を使用して関数を呼び出します。

mm.greet("Bob")

モジュールの利用例

モジュールを使って計算する

モジュールを使って計算を行う例を見てみましょう。

以下のようなモジュールを作成します。

# my_calc.py
def add(a, b):
    return a + b

def subtract(a, b):
    return a - b

このモジュールを使用するには、以下のようにimport文を使います。

import my_calc

result = my_calc.add(3, 5)
print(result)  # 出力結果: 8

result = my_calc.subtract(10, 7)
print(result)  # 出力結果: 3

モジュールを使ってデータを処理する

モジュールを使ってデータを処理する例を見てみましょう。

以下のようなモジュールを作成します。

# my_data.py
def count_characters(string):
    return len(string)

def reverse_string(string):
    return string[::-1]

このモジュールを使用するには、以下のようにimport文を使います。

import my_data

result = my_data.count_characters("Hello, world!")
print(result)  # 出力結果: 13

result = my_data.reverse_string("Python")
print(result)  # 出力結果: nohtyP

以上が、別ファイルをimportして関数を呼び出す方法です。

モジュールを使うことで、プログラムの再利用性や保守性を高めることができます。

是非、Pythonのモジュールを活用して効率的なプログラミングを行ってみてください。

目次から探す