【Python】関数に戻り値を設定する方法

この記事では、Pythonの関数に戻り値を設定する方法と、戻り値を利用する方法について解説します。

関数がどのように値を返すのかを理解することで、プログラムの柔軟性や効率性を向上させることができます。

目次から探す

return文を使った戻り値の設定方法

関数には、処理の結果を呼び出し元に返すための戻り値を設定することができます。

Pythonでは、return文を使って戻り値を指定します。

単一の値を返す場合

関数が単一の値を返す場合は、return文に返したい値を指定します。

以下は、単一の値を返す関数の例です。

def calculate_sum(a, b):
    result = a + b
    return result

# 関数を呼び出して戻り値を取得する
sum_result = calculate_sum(3, 5)
print(sum_result)  # 出力結果: 8

この例では、calculate_sumという関数が2つの引数を受け取り、それらの値を足して結果を返しています。

関数を呼び出す際には、戻り値を受け取るための変数に代入することができます。

複数の値を返す場合

関数が複数の値を返す場合は、return文に複数の値を指定することができます。

以下は、複数の値を返す関数の例です。

def calculate_sum_and_product(a, b):
    sum_result = a + b
    product_result = a * b
    return sum_result, product_result

# 関数を呼び出して戻り値を取得する
sum_result, product_result = calculate_sum_and_product(3, 5)
print(sum_result)  # 出力結果: 8
print(product_result)  # 出力結果: 15

この例では、calculate_sum_and_productという関数が2つの引数を受け取り、それらの値の和と積を返しています。

戻り値を受け取るための変数は、戻り値の数と同じだけ用意する必要があります。

関数の戻り値を利用する方法

関数の戻り値を利用することで、プログラムの柔軟性や効率性を向上させることができます。

以下では、関数の戻り値を利用する方法について説明します。

変数に戻り値を代入する方法

関数の戻り値を変数に代入することで、その値を他の場所で利用することができます。

以下は、関数の戻り値を変数に代入する例です。

def calculate_square(number):
    square = number ** 2
    return square

# 関数を呼び出して戻り値を変数に代入する
result = calculate_square(5)
print(result)  # 出力結果: 25

この例では、calculate_squareという関数が引数の値を2乗して返します。

関数を呼び出して戻り値を変数に代入することで、その値を後で利用することができます。

条件分岐で戻り値を利用する方法

関数の戻り値を条件分岐に利用することで、特定の条件に応じた処理を行うことができます。

以下は、条件分岐で関数の戻り値を利用する例です。

def is_even(number):
    if number % 2 == 0:
        return True
    else:
        return False

# 関数を呼び出して戻り値を条件分岐に利用する
result = is_even(4)
if result:
    print("偶数です")
else:
    print("奇数です")

この例では、is_evenという関数が引数の値が偶数かどうかを判定して、結果をTrueまたはFalseで返します。

関数を呼び出して戻り値を条件分岐に利用することで、偶数か奇数かに応じたメッセージを表示することができます。

関数の戻り値を別の関数の引数として利用する方法

関数の戻り値を別の関数の引数として利用することで、複数の関数を連携させることができます。

以下は、関数の戻り値を別の関数の引数として利用する例です。

def calculate_square(number):
    square = number ** 2
    return square

def calculate_cube(number):
    cube = number ** 3
    return cube

# 関数の戻り値を別の関数の引数として利用する
result = calculate_cube(calculate_square(2))
print(result)  # 出力結果: 64

この例では、calculate_squareという関数が引数の値を2乗して返し、calculate_cubeという関数が引数の値を3乗して返します。

関数の戻り値を別の関数の引数として利用することで、2乗した結果を3乗する処理を行っています。

以上が、関数に戻り値を設定する方法です。

戻り値を設定する方法や戻り値の利用方法を理解することで、より柔軟なプログラムを作成することができます。

目次から探す