【Python】関数に複数の引数を渡す方法

この記事では、Pythonの関数に引数を渡す方法や引数の型指定、引数の受け取り方、引数の解析について解説します。

初心者の方でもわかりやすく、具体的なサンプルコードと実行結果の例を交えて説明します。

Pythonプログラミングで関数の引数について理解を深めたい方におすすめの記事です。

目次から探す

関数に引数を渡す方法

関数は、処理を実行する際に必要な情報を引数として受け取ることができます。

Pythonでは、以下の方法で引数を関数に渡すことができます。

1つの引数を渡す方法

関数に1つの引数を渡す場合は、関数の定義時に引数を指定し、関数を呼び出す際に引数の値を指定します。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def greet(name):
    print("こんにちは、" + name + "さん!")

greet("太郎")

この場合、関数greetはnameという引数を受け取り、その値を使って挨拶を表示します。

関数を呼び出す際に引数の値として"太郎"を指定しています。

複数の引数を渡す方法

関数に複数の引数を渡す場合は、引数をカンマで区切って指定します。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def add_numbers(a, b):
    result = a + b
    print("合計は" + str(result) + "です。")

add_numbers(3, 5)

この場合、関数add_numbersはaとbという2つの引数を受け取り、それらの値を足して合計を表示します。

関数を呼び出す際に引数の値として3と5を指定しています。

デフォルト引数を使用する方法

関数の引数には、デフォルト値を指定することもできます。

デフォルト値が指定された引数は、関数を呼び出す際に値を指定しなくても自動的にデフォルト値が使われます。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def greet(name="ゲスト"):
    print("こんにちは、" + name + "さん!")

greet()
greet("太郎")

この場合、関数greetはnameという引数を受け取り、その値を使って挨拶を表示します。

デフォルト値として”ゲスト”が指定されているため、引数の値を指定しない場合は”ゲスト”が使われます。

関数を呼び出す際に引数の値として"太郎"を指定すると、その値が使われます。

可変長引数を使用する方法

関数に可変長の引数を渡す場合は、引数名の前にアスタリスク(*)を付けて指定します。

これにより、任意の数の引数を受け取ることができます。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def calculate_average(*numbers):
    total = sum(numbers)
    average = total / len(numbers)
    print("平均は" + str(average) + "です。")

calculate_average(1, 2, 3)
calculate_average(4, 5, 6, 7, 8)

この場合、関数calculate_averageは可変長の引数numbersを受け取り、それらの値の平均を計算して表示します。

関数を呼び出す際に引数の値として複数の数値を指定することができます。

引数の型指定

Pythonでは、引数の型を指定することができます。

これにより、関数の引数に適切な型の値が渡されることを保証することができます。

引数の型指定には、以下の方法があります。

型ヒントを使用する方法

Python 3.5以降では、関数の引数に型ヒントを指定することができます。

型ヒントは、引数の型を示すためにコロン(:)の後に型を記述します。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def calculate_area(length: float, width: float) -> float:
    area = length * width
    return area

result = calculate_area(3.5, 4.2)
print("面積は" + str(result) + "です。")

この場合、関数calculate_areaはlengthとwidthという引数を受け取り、その値を使って面積を計算します。

引数の型ヒントとしてfloatが指定されているため、引数には浮動小数点数を指定する必要があります。

型アノテーションを使用する方法

Python 3.9以降では、関数の引数に型アノテーションを使用することもできます。

型アノテーションは、引数の型を示すためにアロー(->)の後に型を記述します。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def calculate_area(length: float, width: float) -> float:
    area = length * width
    return area

result = calculate_area(3.5, 4.2)
print("面積は" + str(result) + "です。")

この場合、関数calculate_areaはlengthとwidthという引数を受け取り、その値を使って面積を計算します。

引数の型アノテーションとしてfloatが指定されているため、引数には浮動小数点数を指定する必要があります。

引数の受け取り方

関数は、引数を受け取る方法として、位置引数とキーワード引数の2つの方法を使用することができます。

また、位置引数とキーワード引数を組み合わせて受け取ることもできます。

位置引数を受け取る方法

位置引数は、引数の値を順番に指定する方法です。

関数の定義時に指定した引数の順番に従って、関数を呼び出す際に引数の値を指定します。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def greet(name, age):
    print("こんにちは、" + name + "さん!" + str(age) + "歳ですね。")

greet("太郎", 20)

この場合、関数greetはnameとageという2つの引数を受け取り、それらの値を使って挨拶と年齢を表示します。

関数を呼び出す際に引数の値として”太郎”と20を指定しています。

キーワード引数を受け取る方法

キーワード引数は、引数の値をキーワードとともに指定する方法です。

関数の定義時に指定した引数の名前を指定して、関数を呼び出す際に引数の値を指定します。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def greet(name, age):
    print("こんにちは、" + name + "さん!" + str(age) + "歳ですね。")

greet(name="太郎", age=20)

この場合、関数greetはnameとageという2つの引数を受け取り、それらの値を使って挨拶と年齢を表示します。

関数を呼び出す際に引数の値としてname=”太郎”とage=20というキーワード引数を指定しています。

位置引数とキーワード引数を組み合わせて受け取る方法

位置引数とキーワード引数を組み合わせて受け取ることもできます。

この場合、位置引数は先に指定し、その後にキーワード引数を指定します。

例えば、以下のような関数を考えてみましょう。

def greet(name, age):
    print("こんにちは、" + name + "さん!" + str(age) + "歳ですね。")

greet("太郎", age=20)

この場合、関数greetはnameとageという2つの引数を受け取り、それらの値を使って挨拶と年齢を表示します。

関数を呼び出す際に引数の値として”太郎”とage=20という位置引数とキーワード引数を組み合わせて指定しています。

目次から探す