【Python】使用できる比較演算子一覧

この記事では、Pythonで使用できる比較演算子について解説します。

比較演算子を使うことで、値同士を比較して条件分岐やフィルタリングなどのプログラムの制御ができるようになります。

目次から探す

比較演算子とは

比較演算子は、Pythonなどのプログラミング言語で使用される演算子の一種で、値同士を比較して真偽値を返すために使用されます。

例えば、2つの値が等しいかどうかを比較したり、1つの値が別の値よりも大きいかどうかを比較したりする際に使用されます。

比較演算子を使用することで、条件分岐やフィルタリングなどのプログラムの制御フローを制御することができます。

比較演算子まとめ

等しいかどうかを判定する演算子

Pythonでは、等しいかどうかを判定するために==演算子を使用します。

例えば、x == yは、xyが等しい場合にTrueを返し、そうでない場合にFalseを返します。

x = 5
y = 5
print(x == y)  # True

等しくないかどうかを判定する演算子

等しくないかどうかを判定するためには、!=演算子を使用します。

例えば、x != yは、xyが等しくない場合にTrueを返し、等しい場合にFalseを返します。

x = 5
y = 3
print(x != y)  # True

大小関係を判定する演算子

Pythonでは、大小関係を判定するために以下の演算子を使用します。

  • > : より大きい
  • < : より小さい
  • >= : 以上
  • <= : 以下

例えば、x > yは、xyより大きい場合にTrueを返し、そうでない場合にFalseを返します。

x = 5
y = 3
print(x > y)  # True

論理演算子を組み合わせた判定

論理演算子を組み合わせて複数の条件を判定することもでき、andorを使用して複数の条件を組み合わせることができます。

x = 5
y = 3
z = 7
print(x > y and x < z)  # True

以上がPythonで使用できる比較演算子の一覧です。

これらの演算子を使うことで、条件に応じたプログラムの制御やデータのフィルタリングなどが行えます。

目次から探す