【Python】比較演算子”等しくない(!=)”の使い方

この記事では、Pythonの等しくない(!=)演算子の使い方について学びます。

等しくない演算子を使用して、数値、文字列、リスト、辞書、論理値などの異なるデータ型を比較する方法を解説します。

目次から探す

等しくない(!=)演算子の意味と使い方

等しくない(!=)演算子は、2つの値が等しくない場合にTrueを返し、等しい場合にFalseを返します。

Pythonでは、条件分岐やフィルタリングなどで頻繁に使用されます。

基本的な使い方

等しくない(!=)演算子は、次のように使用します。

x != y

ここで、xとyが等しくない場合にTrueを返します。

数値の比較

数値の比較では、次のように使用します。

a = 5
b = 10
if a != b:
    print("aとbは等しくありません")

この場合、aとbが等しくないので、aとbは等しくありませんというメッセージが出力されます。

文字列の比較

文字列の比較では、次のように使用します。

str1 = "apple"
str2 = "orange"
if str1 != str2:
    print("str1とstr2は等しくありません")

この場合、str1とstr2が等しくないので、str1とstr2は等しくありませんというメッセージが出力されます。

リストやタプルの比較

リストやタプルの比較では、次のように使用します。

list1 = [1, 2, 3]
list2 = [4, 5, 6]
if list1 != list2:
    print("list1とlist2は等しくありません")

この場合、list1とlist2が等しくないので、list1とlist2は等しくありませんというメッセージが出力されます。

辞書の比較

辞書の比較では、次のように使用します。

dict1 = {"a": 1, "b": 2}
dict2 = {"a": 1, "c": 3}
if dict1 != dict2:
    print("dict1とdict2は等しくありません")

この場合、dict1とdict2が等しくないので、dict1とdict2は等しくありませんというメッセージが出力されます。

論理値の比較

論理値の比較では、次のように使用します。

bool1 = True
bool2 = False
if bool1 != bool2:
    print("bool1とbool2は等しくありません")

この場合、bool1とbool2が等しくないので、bool1とbool2は等しくありませんというメッセージが出力されます。

目次から探す