MENU

【Python】0埋めで増えた余計な文字を削除する方法

Pythonで、0埋めされている文字列から余計な0を削除する方法についてよくわからない人もいるのではないでしょうか。

この記事では、サンプルコードを交えながら、余計な0を削除する方法について解説していきます。

目次から探す

Pythonで余計な0を削除する方法

Pythonで0埋めされた数字から余計な0を削除する方法には、いくつかの方法があります。

この記事では、以下の3つの方法を紹介します。

  1. int()を使った方法
  2. lstrip()を使った方法
  3. 正規表現を使った方法

それぞれの方法について、基本構文とサンプルコードを交えて説明していきます。

int()を使った方法

int()関数は、引数に与えられた数値を整数に変換する関数です。

この関数を使って、余計な0を削除することができます。

int()の基本構文

int(数値)

例えば、以下のように0埋めされた数字をint()関数に渡すと、余計な0が削除された整数が返されます。

num = "000123"
result = int(num)
print(result)  # 123

lstrip()を使った方法

lstrip()関数は、文字列の左側から指定した文字を削除する関数です。

この関数を使って、余計な0を削除することができます。

lstrip()の基本構文

文字列.lstrip(削除する文字)

例えば、以下のように0埋めされた数字をlstrip()関数に渡すと、余計な0が削除された文字列が返されます。

num = "000123"
result = num.lstrip("0")
print(result)  # "123"

正規表現を使った方法

正規表現を使って、余計な0を削除することもできます。

Pythonでは、reモジュールを使って正規表現を扱うことができます。

正規表現の基本構文

import re

pattern = re.compile(正規表現パターン)
result = pattern.sub(置換する文字, 対象の文字列)

例えば、以下のように0埋めされた数字を正規表現で処理すると、余計な0が削除された文字列が返されます。

import re

num = "000123"
pattern = re.compile("^0+")
result = pattern.sub("", num)
print(result)  # "123"

これらのint()関数lstrip()関数、正規表現を使用することで余計な0を削除することができます。

それぞれの方法には特徴があるため、状況に応じて適切な方法を選んで利用してください。

目次から探す