【C言語】sqrt関数を使って平方根を求める方法

この記事では、C言語のsqrt関数の使い方について解説します。

目次から探す

sqrt関数とは

* sqrt関数は、C言語の数学ライブラリで提供されている関数の一つです。

* sqrt関数は、与えられた数値の平方根を求めるために使用されます。

* sqrt関数は、math.hヘッダーファイルに宣言されており、使用する前にこのヘッダーファイルをインクルードする必要があります。

sqrt関数の使い方

* sqrt関数は、以下のように使用します。

#include <math.h>
double sqrt(double x);

sqrt関数は、引数としてdouble型の数値を受け取り、その数値の平方根を計算して結果を返します。

  • 返される結果はdouble型の値であり、平方根が求められない場合はNaN(Not a Number)が返されます。

sqrt関数の例

  • 以下の例では、sqrt関数を使用して与えられた数値の平方根を求める方法を示します。
#include <stdio.h>
#include <math.h>
int main() {
    double num = 16.0;
    double result = sqrt(num);
    printf("数値 %.2f の平方根は %.2f です。\n", num, result);
    return 0;
}
  • 上記の例では、変数numに16.0を代入し、sqrt関数を使用してその平方根を計算しています。
  • 計算結果は変数resultに格納され、printf関数を使用して結果を表示しています。
  • 実行結果は「数値 16.00 の平方根は 4.00 です。」となります。
目次から探す