【C言語】sinとcosを10度刻みで求める方法

C言語は、数値計算や科学技術計算に広く使用されるプログラミング言語です。

その中でも、三角関数の計算はよく使用されます。

本記事では、C言語でsinとcosを10ど刻みで計算する方法について詳しく説明します。

目次から探す

sinとcosを10度刻みで計算する方法

10度刻みでsinを計算する方法

10度刻みでsinを計算する場合、forループを使用して角度を10度ずつ増やしながらsinを計算します。

#include <stdio.h>
#include <math.h>
int main() {
    for (int angle = 0; angle <= 360; angle += 10) {
        double radian = angle * M_PI / 180; // 角度をラジアンに変換
        double result = sin(radian); // sin関数を使用して正弦値を計算
        printf("sin(%d) = %lf\n", angle, result); // 結果を出力
    }
    return 0;
}

上記のコードでは、forループを使用してangle変数を0から360まで10度ずつ増やしながら、sin関数を使用して正弦値を計算し、結果を出力しています。

10度刻みでcosを計算する方法

10度刻みでcosを計算する場合も、forループを使用して角度を10度ずつ増やしながらcosを計算します。

#include <stdio.h>
#include <math.h>
int main() {
    for (int angle = 0; angle <= 360; angle += 10) {
        double radian = angle * M_PI / 180; // 角度をラジアンに変換
        double result = cos(radian); // cos関数を使用して余弦値を計算
        printf("cos(%d) = %lf\n", angle, result); // 結果を出力
    }
    return 0;
}

上記のコードでは、forループを使用してangle変数を0から360まで10度ずつ増やしながら、cos関数を使用して余弦値を計算し、結果を出力しています。

以上が、C言語でsinとcosを計算する方法と10度刻みで計算する方法の説明です。

目次から探す