C言語のputs関数の使い方を詳しく解説

この記事では、C言語のputs関数の使い方について詳しく解説します。

puts関数は、文字列を簡単に出力するための便利な関数です。

具体的な使い方や注意点についても解説しているので、C言語の初心者の方にも分かりやすくなっています。

puts関数を使って文字列を表示する方法や、引数にNULLや制御文字を渡した場合の挙動について学びましょう。

目次から探す

puts関数とは

puts関数は、C言語で文字列を出力するための関数です。

puts関数は、指定した文字列を標準出力に出力し、改行文字も自動的に追加します。

puts関数の概要

puts関数のプロトタイプ宣言は以下の通りです。


int puts(const char *str);

puts関数は、引数として文字列の先頭アドレスを受け取ります。

戻り値としては、成功した場合には非負の値を返し、エラーが発生した場合にはEOF(-1)を返します。

puts関数の基本的な使い方

puts関数を使用するためには、まず文字列を作成し、その文字列の先頭アドレスをputs関数に渡す必要があります。

以下に、puts関数の基本的な使い方を示します。


#include <stdio.h>
int main() {
    char str[] = "Hello, World!"; // 出力する文字列を作成
    puts(str); // puts関数で文字列を出力
    return 0;
}

上記のコードでは、”Hello, World!”という文字列を作成し、puts関数で出力しています。

puts関数は、指定した文字列を標準出力に出力し、改行文字も自動的に追加します。

実行結果は以下のようになります。

Hello, World!

puts関数は、文字列の出力後に改行文字を追加するため、改行が自動的に行われます。

以上がputs関数の基本的な使い方です。

puts関数を使用することで、簡単に文字列を出力することができます。

puts関数の具体的な例

puts関数を使った具体的な例を紹介します。

puts関数を使った文字列の表示

puts関数は、引数として与えられた文字列を標準出力に表示するための関数です。

以下の例では、puts関数を使って Hello, World! という文字列を表示します。


#include <stdio.h>
int main() {
    puts("Hello, World!");
    return 0;
}

実行結果は以下のようになります。

Hello, World!

上記のコードでは、puts関数に文字列リテラルを直接渡しています。

文字列リテラルは、ダブルクォーテーションで囲まれた文字列のことです。

puts関数を使った改行の挿入

puts関数は、引数として与えられた文字列の後ろに自動的に改行を挿入します。

以下の例では、puts関数を使って複数行の文字列を表示します。


#include <stdio.h>
int main() {
    puts("Hello,");
    puts("World!");
    return 0;
}

実行結果は以下のようになります。

Hello,
World!

上記のコードでは、puts関数を複数回呼び出しています。

各呼び出しの間には自動的に改行が挿入されます。

puts関数を使うことで、簡単に文字列を表示することができます。

また、puts関数は文字列の表示だけでなく、ファイルへの書き込みにも利用することができます。

詳細な使い方については、公式のドキュメントや参考書を参照してください。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す