【Python】NotImplementedErrorとは?発生原因や対処法・回避方法を解説

この記事では、Pythonプログラミングにおいてよく見られるエラーであるNotImplementedErrorについて解説します。

NotImplementedErrorの発生原因や対処法、回避方法についてわかりやすく説明します。

初心者の方でも理解しやすいように、具体的な例やサンプルコードを交えて解説しています。

目次から探す

NotImplementedErrorとは?

NotImplementedErrorは、Pythonプログラミングにおいてよく見られるエラーの一つです。

このエラーは、まだ実装されていないメソッドや機能を呼び出した場合に発生します。

つまり、その部分のコードがまだ未完成であることを示しています。

NotImplementedErrorは、抽象クラスやインターフェースを使用する際によく発生します。

これらのクラスやインターフェースでは、具体的な実装が必要なメソッドを定義することがあります。

NotImplementedErrorの発生原因

NotImplementedErrorは、Pythonプログラムでよく見られるエラーの一つです。

このエラーは、以下のような状況で発生することがあります。

抽象メソッドが実装されていない場合

抽象メソッドは、基底クラスで定義され、サブクラスでオーバーライドする必要があるメソッドです。

しかし、抽象メソッドが実装されていないまま呼び出されると、NotImplementedErrorが発生します。

例えば、以下のような抽象クラスがあるとします。

from abc import ABC, abstractmethod
class Animal(ABC):
    @abstractmethod
    def sound(self):
        pass

この場合、Animalクラスを継承したサブクラスでsoundメソッドを実装しないまま、soundメソッドを呼び出すと、NotImplementedErrorが発生します。

サブクラスでオーバーライドが必要なメソッドが実装されていない場合

基底クラスで定義されたメソッドが、サブクラスでオーバーライドする必要がある場合、オーバーライドがされていないままメソッドが呼び出されると、NotImplementedErrorが発生します。

例えば、以下のような基底クラスがあるとします。

class Shape:
    def area(self):
        raise NotImplementedError("areaメソッドはサブクラスでオーバーライドする必要があります")

この場合、Shapeクラスを継承したサブクラスでareaメソッドをオーバーライドしないまま、areaメソッドを呼び出すと、NotImplementedErrorが発生します。

インターフェースが実装されていない場合

Pythonにはインターフェースという概念はありませんが、特定のメソッドを実装することが期待される場合があります。

そのような場合、メソッドが実装されていないまま呼び出されると、NotImplementedErrorが発生します。

例えば、以下のようなクラスがあるとします。

class Database:
    def connect(self):
        raise NotImplementedError("connectメソッドは実装されていません")

この場合、Databaseクラスを継承したクラスでconnectメソッドを実装しないまま、connectメソッドを呼び出すと、NotImplementedErrorが発生します。

NotImplementedErrorの発生原因は、抽象メソッドの実装忘れやオーバーライドの不備、インターフェースの未実装など、プログラムの設計や実装のミスによるものです。

エラーメッセージを確認し、該当する箇所を修正することで、このエラーを解決することができます。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す