【Python】if文で文字列同士を比較する

目次から探す

文字列の比較方法

Pythonでは、if文を使って文字列同士を比較することができます。

文字列の比較にはいくつかの方法があります。

以下では、主な比較方法について説明します。

==演算子を使った比較

文字列同士を比較する際には、==演算子を使用します。

この演算子は、左辺と右辺の文字列が完全に一致しているかどうかを判定します。

例えば、以下のコードを見てみましょう。

str1 = "Hello"
str2 = "Hello"

if str1 == str2:
    print("str1とstr2は一致しています")
else:
    print("str1とstr2は一致していません")

上記のコードでは、str1とstr2の値が同じであるため、if文の条件がTrueとなり、str1とstr2は一致していますというメッセージが表示されます。

is演算子を使った比較

is演算子は、オブジェクトの同一性を比較するために使用されます。

文字列の場合、==演算子と同じように使用することができます。

例えば、以下のコードを見てみましょう。

str1 = "Hello"
str2 = "Hello"

if str1 is str2:
    print("str1とstr2は同じオブジェクトです")
else:
    print("str1とstr2は異なるオブジェクトです")

上記のコードでは、str1とstr2は同じ値を持っていますが、異なるオブジェクトとして扱われるため、if文の条件はFalseとなり、str1とstr2は異なるオブジェクトですというメッセージが表示されます。

in演算子を使った比較

in演算子は、ある文字列が別の文字列に含まれているかどうかを判定するために使用されます。

例えば、以下のコードを見てみましょう。

str1 = "Hello"
str2 = "Hello, World!"

if str1 in str2:
    print("str1はstr2に含まれています")
else:
    print("str1はstr2に含まれていません")

上記のコードでは、str1がstr2に含まれているため、if文の条件がTrueとなり、str1はstr2に含まれていますというメッセージが表示されます。

not in演算子を使った比較

not in演算子は、ある文字列が別の文字列に含まれていないかどうかを判定するために使用されます。

例えば、以下のコードを見てみましょう。

str1 = "Hello"
str2 = "Hello, World!"

if str1 not in str2:
    print("str1はstr2に含まれていません")
else:
    print("str1はstr2に含まれています")

上記のコードでは、str1がstr2に含まれているため、if文の条件がFalseとなり、str1はstr2に含まれていますというメッセージが表示されます。

これらの比較方法を使うことで、文字列同士を簡単に比較することができます。

適切な比較方法を選択し、条件に応じて処理を行うことが重要です。

文字列の比較では、大文字と小文字が区別されることに注意してください。

例えば、Hellohelloは異なる文字列として扱われます。

1 2 3 4
目次から探す