【Python】何もしないif文を書く方法

この記事では、Pythonにおける何もしないif文の書き方と使いどころについて解説します。

初心者の方でも分かりやすく、具体的なコード例を交えながら説明していきます。

目次から探す

pass文を使う

pass文は、Pythonの文の一つであり、何もしないことを明示的に示すために使用されます。

以下のように、if文の中にpass文を記述することで、何もしないif文を作ることができます。

if 条件:
    pass

何もしないif文は、特定の条件の場合に何も処理を行わないことが必要な場合に使用されます。

例えば、ある条件が満たされた場合には何もしないが、それ以外の場合には特定の処理を行う場合などです。

if True:
    pass
else:
    print("Hello World!")

条件式が複雑になる場合は、上記のような形式でpass文を使う方法も有効です。

目次から探す