【Python】OpenCV(cv2)のインストール方法を解説

目次から探す

インストールの確認方法

インストールが正常に完了したかどうかを確認する方法は主に2つあります。

Pythonスクリプトでの確認とコマンドラインでの確認です。

それぞれの方法を詳しく説明します。

Pythonスクリプトでの確認

Pythonスクリプトを使って、OpenCVが正常にインストールされているかどうかを確認する方法です。

以下のサンプルコードをcheck_opencv.pyという名前で保存し、実行してください。


import cv2
# OpenCVのバージョンを表示
print("OpenCV version:", cv2.__version__)

上記のコードを実行すると、インストールされているOpenCVのバージョンが表示されます。

もしエラーが発生せずにバージョンが表示された場合、OpenCVのインストールは正常に完了しています。

コマンドラインでの確認

コマンドラインを使って、OpenCVが正常にインストールされているかどうかを確認する方法です。

以下の手順で確認してください。

STEP
コマンドプロンプトを開く

まずはコマンドプロンプトまたはターミナルを開いてください。

STEP
Pythonシェルを起動する

コマンドプロンプト・ターミナルを起動したら、pythonを実行してPythonのインタラクティブシェルを起動します。


python
STEP
OpenCVのインポート

Pythonのインタラクティブシェル起動後、以下のコードを実行してOpenCVをインポートします。


import cv2

OpenCVが正しくインストールされていない場合はこの時点でエラーが発生します。

STEP
実行チェック

インポート時にエラーが発生してなければ、以下のコマンドを実行してインストールされているOpenCVのバージョンをチェックします。


cv2.__version__

もしエラーが発生せずにバージョンが表示された場合、OpenCVのインストールは正常に完了しています。

以上で、Pythonスクリプトとコマンドラインを使ったインストールの確認方法を説明しました。

どちらの方法でもインストールが正常に完了していることが確認できれば、OpenCVを使用して画像処理や機械学習のプロジェクトを進めることができます。

1 2 3

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ

他のコンテンツも見る

目次から探す