【Python】複数行コメントの書き方

この記事では、Pythonでの複数行コメントの書き方と使い方について解説します。

複数行コメントを使うことで、プログラムの中で説明やメモを残すことができます。

さまざまな書き方を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次から探す

Pythonでの複数行コメントの書き方

Pythonでは、複数行のコメントを書くことができます。

これは、プログラムの中で説明やメモを残すために便利な機能です。

以下では、Pythonでの複数行コメントの書き方について解説します。

三重クォートを使用する方法

Pythonでは、三重クォート(“)を使用して複数行コメントを書くこともできます。

三重クォートを使うことで、改行を含む複数行のコメントを簡単に書くことができます。

以下に例を示します。

"""
ここからコメント
この部分はコメントです
ここまでコメント
"""

コメントアウト記号を使う方法

Pythonでは、コメントアウト記号(#)を使って複数行コメントを書くこともできます。

ただし、行ごとにコメントアウト記号を書く必要があります。

以下に例を示します。

# ここからコメント
# この部分はコメントです
# ここまでコメント

複数行コメントの使いどころ

複数行コメントは、プログラムの中で説明やメモを残すために使用されます。

例えば、コードの意図や処理の説明、特定の箇所の修正のメモなどを書くことができます。

コメントを使うことで、他の人や自分自身が後からプログラムを読んだ際に理解しやすくなります。

複数行コメントの注意点

複数行コメントを使う際には、いくつかの注意点があります。

まず、コメントアウトされたコードは実行されないため、コメントアウトしたままのコードは意図した通りに動作しないことに注意してください。

また、コメントはプログラムの実行には影響を与えませんが、コメントの内容は正確であることが重要です。

コメントが間違っている場合、プログラムの理解や保守性に問題が生じる可能性があります。

以上がPythonでの複数行コメントの書き方と使い方です。

コメントを活用して、プログラムの可読性を高めましょう。

目次から探す