【C言語】ポインタの初期化方法について解説

この記事では、C言語におけるポインタの初期化方法と注意点について解説します。

ポインタの初期化方法や未初期化のポインタの使用によるエラー、ポインタの2重解放によるエラーなど、ポインタの基本的な使い方と注意点を理解することができます。

初めてポインタを学ぶ方にもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次から探す

ポインタの初期化方法

ポインタは、メモリ上のアドレスを格納するための変数です。

ポインタを使用する際には、適切な初期化が必要です。

以下では、ポインタの初期化方法について解説します。

NULLポインタの初期化

NULLポインタは、何も指していないことを示す特殊なポインタです。

NULLポインタを使用する場合は、以下のように初期化します。

int* ptr = NULL;

上記の例では、int型のポインタptrをNULLで初期化しています。

アドレスを指定しての初期化

ポインタを特定のアドレスに初期化する場合は、以下のようにアドレスを指定します。

int num = 10;
int* ptr = #

上記の例では、int型変数numのアドレスをint型のポインタptrに代入しています。

変数のアドレスを取得しての初期化

変数のアドレスを取得して、ポインタを初期化することもできます。

以下のように、&演算子を使用して変数のアドレスを取得し、ポインタに代入します。

int num = 10;
int* ptr = #

上記の例では、int型変数numのアドレスをint型のポインタptrに代入しています。

メモリの動的割り当てによる初期化

ポインタを動的にメモリに割り当てる場合は、以下のようにmalloc関数を使用します。

int* ptr = (int*)malloc(sizeof(int));

上記の例では、int型のサイズ分のメモリを動的に割り当て、そのアドレスをint型のポインタptrに代入しています。

動的に割り当てたメモリは、使用後に必ず解放する必要があります。

以上が、ポインタの初期化方法についての解説です。

適切な初期化を行うことで、ポインタを正しく使用することができます。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す