トップに戻る


 アフィリエイトをやろうとしたきっかけ(2)


さらなるアフィリエイトとの接点。


「アフィリエイト」って、なに?

サイトで度々「アフィリエイト」という言葉に接触した私は、
ネットで「アフィリエイト」を調べたりする前に、
偶然、そこに居合わせたインターネットに詳しい同じ職場の友人に、
たずねてみました。

「ねぇねぇ、アフィリエイトって聞いたことある?あれなに?」
「あ〜、アフィリエイトね。最近、話題に出てきてるよね。
 何十万も稼ぐ主婦の人がカリスマ・アフィリエイターとして、
 日経新聞とかに出たり、本になったりしたやつでしょ?」

え??? 主婦が何十万も稼ぐ?
しかも、そのことを日経新聞が取り上げてる???
それって、PCに詳しい人だけのことじゃなくて、
もう普通の人でもできることなの????

そんなことを思いながらも、その場では、
「へぇ、なるほどねぇ」
と平静に他人事のような振りをする私。
でも、頭の中は、
「アフィリエイトってなに!?」
という気持ちでいっぱいいっぱい!

その話を聞いた午後は、
「アフィリエイトって何!?」ってことで頭がいっぱいで、
仕事が手につきませんでした(苦笑)

そうなってしまうと、気になって仕方がない私は、
その日の仕事が終わるとすぐに、書店に直行し、
普段は、まったく寄り付かない、
PC関係の書籍が置いてあるコーナーへ
一直線に目指したのです。

アフィリエイト、アフィリエイト。。
あった!

あったことはあったのですが、
まず、私が最初に手に取った本は、専門的過ぎて、
PCに疎い私では、
理解できないものだったのです。。

やっぱり、PCの専門的な知識が必要なんじゃん!!

なんか、ぬか喜びを味わったような気分で、がっかりしていると、
とあることに気が付きました。

その本が置いてある周りの本にも、
「アフィリエイト」という言葉が書いてある本があるということに。

ただし、「本のメインタイトル」にではなく、
サブタイトル文の中に、書かれているのです。

改めて見てみると、
「副業」やら「副収入」やら「お小遣い稼ぎ」と言った本が、
その周りには、ごろごろあり、
それらの本を手にしてみると、多くの本に、
「アフィリエイト・プログラム」は何ができるか、
ということが書かれていました。

しかも、書かれている本は、
PCの専門的な知識がない私でも、
読めるようなものばかりだったのです。


「アフィリエイト」って、
PCスキルが高い人だけができることではなくて、
「普通の人」でもできることなんだ。


私は、初めて、そう思えたのでした。

そして、1冊の本を手にして帰ったのでした。

その本が、カリスマアフィリエイターの藍玉さんが書かれた
「〜主婦でも稼げる〜パソコンで月収30万」
という本だったのです。





「その3」へ続く

 はじめに

 





↑ このページのトップへ
「アフィリエイトEX」 トップに戻る

Copyright© 2004-2010 by アフィリエイトEX. All Right Reserved.